Home > 雑記 > 拍子抜けだよ。。。「IT業界の「3K問題」 NTTデータ社長の考えは?」

拍子抜けだよ。。。「IT業界の「3K問題」 NTTデータ社長の考えは?」

  • 2007-05-09 (水) 22:52
  • 雑記

この記事を見た。
IT業界の「3K問題」 NTTデータ社長の考えは? - @IT

強固な要件定義を行うためNTTデータはシステム開発の契約を2段階に分けることを始めている。1段階目では顧客とシステムデザイン契約を結び、コンサルティングにより、システム開発のグランドデザインや要件を決定する。要件定義を「見える化」し、顧客とNTTデータ側で意見の相違がないようにしておく。 2段階目で実際の開発請負契約を行う。NTTデータが開発した透明度が高い見積り手法を使うことで、顧客の理解度を上げる。SLAも導入し、システム開発を定量的に評価する。このように契約を2段階に分ける考えはフェージング契約と呼ばれる。

この人ほんの少し前にはこの前はこんなこと言ってた。
システム開発は楽しい NTTデータ 浜口友一社長に聞く|産業|経済|Sankei WEB

 --NTTデータは問題にどう対処しますか

 「大規模システムの一部分でも、頭から全工程を手がけるやり方を試行する。米グーグルを訪問したが、3~6人の小チームがたくさんあり、それぞれが設計からコーディングまでをこなす。それを持ち寄ってひとつの大きなシステムを作るそうだ」

 --ものづくりの楽しさを取り戻すんですね

 「それもあるが、チームを構成する個々の技術者が極めて優秀でないとこのやり方はうまくいかない。つまり、スーパープログラマーとでもいうべき技術者を集めて、生産性の高いソフト制作の手法を編み出したい。相応の処遇についても検討する」

 --契約の在り方については

 「徐々に見直してゆきたい。まずは、作るものをクリアにすることが肝心だ。納期と費用だけを決めて開発に着手するという、あいまいな状況を正していく」

確かに言うは易し行うは難しなのは分かるけど、いきなりこの@ITの記事だとさすがに拍子抜け。
普通すぎる、今のSIerの目指す方向としては特に普通すぎる。
プロジェクトマネジメントがしっかりしているSIerだったら今でも普通の契約形態じゃない?

上流は高単価で直営社員を中心にリスク少なく利益を出して、開発請負はさらに請負契約で丸投げして(自社の)リスク少なく利益を出して、という構造が見えるのは考えすぎですか。そうですか。
SIの業界構造の問題はそのままですね。

産経の記事ではNTTデータの社長がこんなこと言うんだーと思ってちょっと期待したのに。

Comments:1

30からのBlog 07-05-11 (金) 23:39

SIの契約形態

おとといの記事のNTTデータの社長の話でも、ちょっと契約形態の話が出ていた。 今…

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.joyfullife.jp/archives/2007/05/09225249.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
拍子抜けだよ。。。「IT業界の「3K問題」 NTTデータ社長の考えは?」 from 30からのBlog

Home > 雑記 > 拍子抜けだよ。。。「IT業界の「3K問題」 NTTデータ社長の考えは?」

Search
Feeds
Meta

Return to page top