Home > 技術全般 > システム部門の難しさ

システム部門の難しさ

日本のIT生産性の低さは果たして改善できるのか - @IT

 社内システムの標準化努力が欠けており、さらにレガシーシステムとの兼ね合いでアプリケーションを分離できないために、オフショア開発などの利用によるコスト削減もままならず、SOAに基づくシステムの総合的な刷新も阻んでいるという。

 CIOは本来なら業務部門を束ねて全社的に最適なIT投資を目指さなければならないはず。~中略~「ミッションが不明確で、コスト削減ばかりに注力してしまうケースも見られる」(沼畑氏)。さらに経営トップとのコミュニケーションも年に数えるほどという例があるほどで、CIOとしての機能を果たしていないと指摘する。

 「日本で強い製造業は、徹底的な標準化を図ってきた。製造業でできることが(ほかの業界の)IT投資でできないわけはない」と、沼畑氏は社内におけるITの標準化の重要性を訴えた。

アンケートデータはよいとして、オフショア、SOA、標準化などコンサルでお金になりそうなことを言っているだけだなーという印象。

今のシステム部門はどっちつかずになることが多いと思う。
経営視点を・・・とか言われているために泥臭いIT現場は自分たちの仕事ではないと思ってしまう。
システム部門なのに専門内容は中途半端しか知らず、かといって経営視点とか業務視点も中途半端。
一番ひどいパターンは、業務部門とベンダーの連絡係になってしまい、自分たちは何のために仕事しているんだ状態になる。

どっちの能力も磨かれないまま、成果を出そうとするとベンダーとの値引き交渉などでコストメリットを出すだけになってしまう。
そして、経営や業務の視点でも、ITの視点でも、どちらからでもそのときに本当に良いものが何なのかよく分からない。
つまり本当のところ、いいシステムを作ろうと思ってない、作れない人が多いんだろうな。そして言われたものをいかに安く作るかばかりを目指してしまう。

本来なら、経営とIT両方の視点から高度な回答を期待されているんだろうけど、いきなりそれは酷だと思う。

打開策は、もう一度足元を見てITの要素技術を勉強させたりITプロジェクトのマネジメントを勉強させるのが先決だと思う。自分で手は動かせなくても基本的な考え方を知らないと業務課題の解決のアイデアなんか絶対に出てこない。せいぜいコンサルの言う内容をまとめなおすだけ。
足元をしっかりしようよという感じ。
その上で、優秀な人材にはITの肝を理解しながら経営視点を持つような教育を行う。
一朝一夕では無理だろうけど、いきなり高度な成果を期待したって無理ですよ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.joyfullife.jp/archives/2007/05/21232833.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
システム部門の難しさ from 30からのBlog

Home > 技術全般 > システム部門の難しさ

Search
Feeds
Meta

Return to page top