Home > 雑記 > 面白くなかった - 「頭のいい人」はシンプルに生きる

面白くなかった - 「頭のいい人」はシンプルに生きる

  • 2007-05-30 (水) 6:42
  • 雑記

随分長いこと本屋に平積みされていたので、いい本なのかなーと思って読んでみた。
うーん。自分としては微妙。

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法
ウエイン・W. ダイアー Wayne W. Dyer 渡部 昇一
三笠書房 (2006/08)
売り上げランキング: 1772
おすすめ度の平均: 3.0

5 くじけそうになっている人に送る名著
5 これからの生き方の処方箋
3 調子が悪いときに読むといい本ではないだろうか

タイトルおかしいだろ、とか、訳がいけてないだろ、というのは置いておくとして。

人に振り回されて自分にあまりにも自身を失っている人に対しては、もしかしたら響くものがあるのかもしれない。

でもねぇ。いくらなんでも主張が極端なんじゃないかと思う。
格好良く言うと、「自分をしっかり持つ」「他人の軸ではなく自分軸で生きる」、ということでそれは賛成なんだけど、一歩間違うと自分勝手なだけでしょ、というような表現が多い。
「武士道」を読んで、日本人の価値観はこうだよなーと思う人はこの本を読んだら相当違和感を覚えると思う。
自分の小さな「箱」から脱出する方法がいいと思って読んだ人がこの本を読んだら途中で読むのやめちゃうかも。

個人的には「これはひどい」と思ってしまった。

訳が悪いのか、原文がわざと極端なのかは分からないけど、少なくとも日本人向きじゃないなーという感じ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.joyfullife.jp/archives/2007/05/30064236.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
面白くなかった - 「頭のいい人」はシンプルに生きる from 30からのBlog

Home > 雑記 > 面白くなかった - 「頭のいい人」はシンプルに生きる

Search
Feeds
Meta

Return to page top