Home > マネジメント・リーダーシップ > 企画者と開発者の距離

企画者と開発者の距離

近ければ近いほど生産性が高くなる。

究極の形は一体型。Web2.0企業(←そろそろ死語?)などの企画から開発まですべて技術者がやるパターン。それも一人プロジェクトだったら最高の生産性。

最悪の形は、別会社への開発委託型。
しかも企画者と開発者の間にシステム部門なんか挟まっていたら最低。

こうやってまったく異なる体制のプロジェクトの生産性を比較しても無意味だと思う。
しかし、体制のメリット/デメリットをきちんと把握した上で、プロジェクトの進め方と生産性のバランスをどうとるのかという議論は有効だと思う。

委託型の場合でも、できるだけ企画者と近い位置で会話を続けながらすばやく実装に落とすというのが、もっとも生産性が高くなるのは分かりきっていると思う。
アジャイル開発の根本はここなのかな。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.joyfullife.jp/archives/2007/06/07073254.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
企画者と開発者の距離 from 30からのBlog

Home > マネジメント・リーダーシップ > 企画者と開発者の距離

Search
Feeds
Meta

Return to page top