Home > マネジメント・リーダーシップ > アジャイルな要求管理って難しそうだな

アジャイルな要求管理って難しそうだな

JavaWorld Day 2007 - アジャイル開発の伝道師が明かす、プロジェクト成功の秘訣 | マイコミジャーナルを読んだ。
参考になる話が書いてあったが、このままじゃ実現は難しいなあと感じたことを書いてみる。

何が難しいかってこれ。

アジャイルな要求管理(Agile Software Requirements Management)

アジャイル開発では、個々の要求に優先順位を付け、優先度の高い順に開発に取り組んでいく。開発の初期段階ですべての要求をモデリングするウォーターフォール型プロセスとは異なり、情報が揃った段階で分析ができるため作業を効率的に進められる。「要求の変化に柔軟に対応できるため、競合優位性につながる」(Ambler氏)という。

これを実現させるためには、顧客の継続的なコミットが必ず必要。要件を決めたら自分の役目は終わり、あとはシステム屋さんが作るだけと思っている顧客じゃ難しい。
常に要求の優先順位付けを行いながら、出来上がったもののチェックをしてさらに改善案を検討して・・・というのを継続しなきゃいけないわけだ。
アジャイルではないけど似たような開発スキームを取り入れた例で、開発側とシステム部門は「忙しさは通常のウォーターフォールと変わらない or 楽になった」と言っているのに対して、要求の出し元は「明らかに大変になった」と答えていたのも聞いたことがある。

現在のSIなどの受託開発に構造的問題があるというのは分かるが、それに慣れてシステム開発を自分たちのものだと感じていない発注側の意識改革も当然必要になる。
アジャイル開発導入にあたって、一番高いハードルはここなんじゃないかと思う。

開発側の人が顧客(システム部門じゃなく要求の出し元)に非常に近い位置に入り、顧客の視点・立場でプロジェクトを引っ張るくらいになれればこのハードルも越えられるのかな。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.joyfullife.jp/archives/2007/06/20102601.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
アジャイルな要求管理って難しそうだな from 30からのBlog

Home > マネジメント・リーダーシップ > アジャイルな要求管理って難しそうだな

Search
Feeds
Meta

Return to page top