Home > マネジメント・リーダーシップ > SIerは人が資本?

SIerは人が資本?

うちの会社も人が資本とよく言ってる。
自社でインフラを持たず、人が提供するサービスでお金を稼いでいるのだから「人が資本」というのはそりゃそうだろう。

その割には人にフォーカスした強化策が不十分な気がする。同業他社も似たような状況だったりしそう。

会社としての取り組みは、「組織的開発力の強化」とか「外注管理の強化」とかそんな話が多い。
人が資本というなら、「採用強化」とか「個人の能力を最大限発揮させる施策」とかそんな話がもっと増えてもいいのに不十分な気がする。

「資本をどう使うか?」は重視されているし結果も見えやすいけど、「資本をどう強化するか?」を考えるのは難しいし成果もわかりづらいから、曖昧にしておいた方が楽なんだろうな。

SIerも現在の乱立状態からそのうち徐々に淘汰されていくと思うけど、そもそもの人の能力を強くするという意識を強くしておかないと取り残されそう。
会社としても個人としても。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.joyfullife.jp/archives/2007/08/06175349.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
SIerは人が資本? from 30からのBlog

Home > マネジメント・リーダーシップ > SIerは人が資本?

Search
Feeds
Meta

Return to page top