Home > マネジメント・リーダーシップ > その企画はだれのための企画ですか?

その企画はだれのための企画ですか?

「ユーザーはこんなことを思っていて、こういうサービスがあれば嬉しいはずだ」
と企画を考えて、なぜその企画がよいのか論理的な説明も付いて、一見良さそうに見える。
実現可能性も高そうだ。

でも、そこでちょっと振り返って考えた方がいい。

なぜなら、それはサービス提供側の都合でしかない場合があるから。

バカの壁じゃないけど、サービス提供側の論理とユーザーの論理にはかなり違いがある。
例えばオンラインで買った本をオンラインで読めるサービスがあったとする。
本好きのあなたはオンラインで読みますか?

例えばAmazonがそういう企画を思いついたとして、「オンラインで読めるのはすばらしく便利」「流通コストも削減されて一石二鳥」なんて考えたとしても、実際にはオンラインで提供した方がAmazonが嬉しいというだけで、ユーザーはそれほど嬉しくないはず。
頭をフラットにして、自分がユーザーだったらどう思うの、というのを企画を懐疑的な目で見ながら検証するのが大事。

当たり前のことだけど、様々な企画を検討している最中で、ついこの落とし穴にはまる事例が多いので注意が必要。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.joyfullife.jp/archives/2007/08/31225100.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
その企画はだれのための企画ですか? from 30からのBlog

Home > マネジメント・リーダーシップ > その企画はだれのための企画ですか?

Search
Feeds
Meta

Return to page top